学コン

祭り

歴史の古い秩父では、さまざまな祭りも行われています。秩父夜祭は、秩父神社の例大祭です。この秩父夜祭は毎年12月に行われています。この秩父夜祭は、江戸時代中期に秩父神社での絹織物の市である絹大市(きぬのたかまち)が経済的に発展していくにつれて、盛大に行われるようになっていきました。現在は、京都の祇園祭、飛騨の高山祭とともに「日本三大曳山祭り」に数えられていて、日本を代表する大変有名な祭りとして知られています。

 

当日は豪華絢爛な2台の笠鉾と4台の屋台が曳行していきます。秩父夜祭のクライマックスとして、屋台や笠鉾を、団子坂を引き上げるところ。最大20トンもある屋台や笠鉾が引き上げられる様子は迫力があり、とても見応えがあります。この屋台や笠鉾の豪華絢爛さも秩父夜祭の特徴のひとつです。屋台は宮地(みやぢ)、上町(かみまち)、中町(なかまち)、本町(もとまち)の4台です。笠鉾は、中近(なかちか)と下郷(したごう)の2台で、屋根や彫刻などそれぞれに特徴があって、秩父夜祭の見物客の目を楽しませています。

 

秩父夜祭の屋台は、張り出しが付いて、芸座を組み立てて上演します。これは全国でも珍しい形で、4台の屋台が当番制で年ごとに上演します。また、秩父夜祭は花火も有名です。冬の澄んだ空の花火は、鮮やかで美しいと人気があります。

 

この秩父夜祭は、ユネスコの無形文化世界遺産に登録しようという動きもあり、歴史的にも貴重な秩父を代表する文化のひとつです。


本庄デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/